フェイスブック始めています。https://www.facebook.com/mknagoya?ref=tn_tnmn


by MK_NAGOYA

プロフィールを見る

最新の記事

青い空
at 2017-04-14 00:00
反り
at 2017-04-12 00:00
頭上通過
at 2017-04-05 00:00
後姿
at 2017-04-03 00:00
しなる翼
at 2017-03-09 00:00

カテゴリ

全体
新幹線
LCF
中部国際空港
名古屋空港
羽田空港
伊丹空港
関西国際空港
小松空港
航空祭
富士総火演
Yoshihide Muroya

散策
相撲
F1
花火
神事
動物
水族館
空撮
天体
夕焼け
夜景
コンビナート
円周魚眼
宙玉レンズ
独り言
懐メロ
ドラゴンズ

最新のコメント

大変ご無沙汰しております..
by おはようございます! at 06:35
昨年はコンテスト入賞おめ..
by noah_3776_2 at 07:24
あけましておめでとうござ..
by tyorotetsu at 01:09
あけましておめでとうござ..
by いば村 at 22:13
お久しぶりです。 ..
by Toshi-Hamanako at 15:24
noah_3776_2さ..
by MK_NAGOYA at 20:04
MK_NAGOYAさん ..
by noah_3776_2 at 05:51
noah_3776_2さ..
by MK_NAGOYA at 11:39
MK NAGOYAさん ..
by noah_3776_2 at 06:54
noah_3776_2さ..
by MK_NAGOYA at 17:21

外部リンク

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

変な親子

下記の会話から状況を想像して下さい。

子:「飛行機が見えないから肩車して!」

注)滑走路見学ツアーでフェンスに囲まれた場所に降車し撮影するのですが、小さな子供にはフェンスが目線となってしまい飛行機が見えない状況なのです。

父:「お父さんも撮影したいから無理だよ。」

子:「肩車して!」

父:「わかった。肩車してやる。」

子:肩車してもらった上でコンデジにてシャッターを切る。
e0216857_17191469.jpg

2012年2月26日 セントレア滑走路見学ツアーにて
(DMC-FT3)


父:子供を肩車したまま、超望遠を振り回し撮影。
e0216857_17195726.jpg

2012年2月26日 セントレア滑走路見学ツアーにて
(D700 600mm 1/1250秒 f6.3 晴天 ISO400)


撮影後に周りを見渡すと誰も近くにいません。

近寄りがたい親子なのかなぁ・・・

他人から見たら、変な親子?!
by MK_NAGOYA | 2012-03-02 00:00 | 中部国際空港 | Comments(6)
Commented by Mr.K at 2012-03-02 11:51 x
お子さんを肩車しての撮影、
お疲れ様でした。
ナカナカの重労働でしたね・・・・(汗)


カメラが趣味の自分でも
超望遠を持つ人には
何となく近寄り難いので、
「変な親子」に見えた訳ではないと
思いますよ!
むしろ微笑ましく見られていたのでは?(笑)

Commented by なおママ at 2012-03-02 12:59 x
こんにちは^^

変な親子じゃないですよ~
すごい微笑ましいエピソードに思わず笑っちゃいました♪
羨ましいです^^
Commented by MK_NAGOYA at 2012-03-03 17:59
Mr.Kさん、こんばんは。

我が子を肩車して撮影するのは非常に辛かったです。
超望遠で撮影していると近寄りがたいのですね。
そんなオーラを発していないのですが・・・
気軽に声を掛けていただけると嬉しいです。
Commented by MK_NAGOYA at 2012-03-03 18:00
なおママさん、こんばんは。

我が子もこうやって遊んでくれるので嬉しいです。
いつまで一緒に遊んでくるのか心配ですけどね。
Commented by kazchin777 at 2012-03-05 15:29
MK_NAGOYAさん、こんにちは。
肩車撮影、私も人混みでは良くやります。
航空祭などでは後の方に迷惑を掛けているかもしれませんが・・・。(汗)
しかし、大砲での肩車は相当大変だったのでは?
お疲れさまでした。
その苦労の甲斐あって、お子様も楽しんだ事でしょうね♪
Commented by MK_NAGOYA at 2012-03-06 06:28
kazchin777さん、おはようございます。

大砲装備しての肩車撮影は非常に辛かったです。
鍛えなくてはと思ってしまいました。
我が子が楽しんでくれるなら肩車撮影もありですね。