ホームページ開設 http://mknagoya.racms.jp/


by MK_NAGOYA

プロフィールを見る

最新の記事

離陸
at 2017-09-24 00:00
哀愁
at 2017-09-23 00:00
at 2017-09-22 00:00
飛び出す
at 2017-09-21 00:00
マーシャラー
at 2017-09-20 00:00

カテゴリ

全体
新幹線
LCF
中部国際空港
名古屋空港
羽田空港
伊丹空港
関西国際空港
小松空港
航空祭
富士総火演
Yoshihide Muroya

散策
相撲
F1
花火
神事
動物
水族館
空撮
天体
夕焼け
夜景
コンビナート
円周魚眼
宙玉レンズ
独り言
懐メロ
ドラゴンズ

最新のコメント

大変ご無沙汰しております..
by おはようございます! at 06:35
昨年はコンテスト入賞おめ..
by noah_3776_2 at 07:24
あけましておめでとうござ..
by tyorotetsu at 01:09
あけましておめでとうござ..
by いば村 at 22:13
お久しぶりです。 ..
by Toshi-Hamanako at 15:24
noah_3776_2さ..
by MK_NAGOYA at 20:04
MK_NAGOYAさん ..
by noah_3776_2 at 05:51
noah_3776_2さ..
by MK_NAGOYA at 11:39
MK NAGOYAさん ..
by noah_3776_2 at 06:54
noah_3776_2さ..
by MK_NAGOYA at 17:21

外部リンク

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

半開き

一日は何時間?

誰もが知っていますが、24時間。





そのうち17時間も閉まった踏切があったらどうします?

チョッと利用するのを考えてしまいますよね。





そんな踏切が我が町NAGOYAに存在するのです。

名鉄名古屋本線・常滑線に東海道本線を含めた8本の線路をまたぎ、いずれの路線も本数が多いため開かずの踏切となっているのです。





そこで遮断時間を可能な限り短縮するため、手動で遮断機を上げ下ろししています。





これだけ近代的になった日本に手動式?!

驚かれるかもしれません。





手動式だからこそ出来る「半開き」。
e0216857_18341174.jpg

2012年6月17日 名鉄神宮前駅にて
(D3x 14-24mm 1/100秒 f22 晴天 ISO200)






この踏切も時代の流れで遂に閉鎖。

お疲れさまでした(*- -)(*_ _)





自転車も通行できる歩道橋を5年かけて建設するそうです。

歩道橋が完成してから閉鎖するのが理にかなっているように思えるのだが・・・
by MK_NAGOYA | 2012-07-01 00:00 | 散策 | Comments(6)
Commented by 韋駄天 at 2012-07-02 12:08 x
閉鎖されましたね~
師匠の言うとおり造ってから
閉鎖するべきと思います。
400m迂回はあまりにかわいそう((+_+))
Commented by みふねひろせ at 2012-07-02 19:45 x
この踏切は何度も電車側で通りましたが、車では通った事が無いような。
ニュースでも予想図を出してましたが、どうみても造ってから閉鎖ですよね。何で後回しになったんでしょう?
Commented by MK_NAGOYA at 2012-07-02 21:00
韋駄天さん、こんばんは。

自転車や車椅子を利用する人の気持ちを考えてほしいですよね。
これを見ていただいた関係者の方がいれば、再検討するべきですよ。
Commented by MK_NAGOYA at 2012-07-02 21:02
みふねひろせさん、こんばんは。

仕事柄、移動に車を利用しているので時間に余裕がある時は利用していましたよ。
歩道橋の件、おかしいですよね。
私が思うに、名古屋市、名鉄、JRと皆の意見が合わなかったと思います。
世の中、おかしなことばかり・・・
Commented by モリモリ at 2012-07-02 22:47 x
こんばんは♪
新幹線が通る踏切もあれば、17時間も閉まったままの踏切もあるんですかぁ?!
しかも手動とは本当にびっくりですね!!(゜o゜)
すごい踏切です!!
Commented by MK_NAGOYA at 2012-07-03 13:17
モリモリさん、こんにちは。

朝夕のラッシュ時は約1時間も遮断機が下りたままなんですよ。
微妙な調整をするため、手動で上下させていたのです。
もうこの景色を見ることが出来なくなり、チョッと寂しさを感じます。